ヤクルト・青木 開幕へ仕上がり順調「あとは実戦で課題を…」

[ 2020年2月25日 20:41 ]

<ヤクルト浦添キャンプ打ち上げ>アップ中、青木(中)と話し込む高津監督。左は宮出ヘッドコーチ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが25日、沖縄県浦添市で行っていたキャンプを打ち上げ、青木宣親外野手(38)が総括した。「十分に練習できた。ちょうど良いぐらい。体も良い状態だし。あとは実戦で一試合ごとに出た課題をつぶしていければ」と3月20日の阪神との開幕戦(神宮)への道筋を描いた。

 今季は主将として臨む。24日の阪神とのオープン戦では今季初めてフル出場。試合後にはミーティングで選手らに試合の流れを読むためアンテナを張ることを訴えた。「コーチが言うのと選手(である自分)が言うのとでは、聞こえ方も違うと思うので」。背中で、言葉で、チームを引っ張っていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月25日のニュース