U18侍が2連勝 南アに19点コールド大勝 奥川は代打で安打、西は2発8打点

[ 2019年8月31日 14:12 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ    日本19―0南アフリカ ( 2019年8月31日    韓国・機張 )

<WBSCU18W杯 日本・南アフリカ>4回、3点本塁打をち、手を挙げる西(左から2人目)=撮影・木村 揚輔
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」が31日、韓国・機張(キジャン)で1次ラウンド・B組の試合が行われ、日本は19―0で南アフリカに6回コールド勝ち。初の世界一に向けて、2連勝を飾った。

 日本打線は、初回に3つの四球で2死満塁と好機を演出し、6番・熊田(東邦)が中前2点適時打で先制に成功。2、3回にはそれぞれ犠飛で追加点を挙げ、序盤から試合を優位に進めた。

 さらに5点リードの4回は、2死一、三塁から7番・西(創志学園)が左越え3ラン。完全に流れを引き寄せ、主導権を握った。勢いに乗った打線は相手のミスも絡ませながら5回には武岡(八戸学院光星)の左前適時打などで5点を奪い、6回には西が、この日2本目のアーチとなる2ランで相手を圧倒した。また、奥川(星稜)も代打で今大会初出場を果たし、強烈な打球で投手強襲の内野安打を放った。

 投げては先発・浅田(有明)が好投。初回を10球で3者凡退に抑えリズムを作ると、4回は1~3番を3者連続空振り三振に取る圧巻の投球を見せつけるなど5回を無安打投球で投げ切った。最後は2番手左腕・林(近江)が締めた。

 プロ注目右腕・佐々木(大船渡)は初戦に引き続きベンチから声援を送った。日本は悲願の世界一へ、これで2連勝。次戦は9月1日に1次ラウンド第3戦として、大会4連覇中の強豪・米国と激突する。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース