U18侍・奥川 代打で今大会初出場! 投手強襲内野安打で出塁

[ 2019年8月31日 13:57 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ   日本・南アフリカ ( 2019年8月31日    韓国・機張 )

<U18南アフリカ・日本>試合前、奥川(右)と談笑する佐々木(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 U18高校日本代表・奥川(3年=星稜)は31日、韓国・機張で行われた「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」南アフリカ戦の6回に代打で今大会初出場。投手強襲の内野安打を放った。

 日本は序盤から得点を重ね、13―0で迎えた6回の攻撃。奥川は先頭の9番・水上(3年=明石商)の代打で出場し、強烈な打球を放って、投手強襲内野安打で出塁した。その後、代走が送られてベンチへ退いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース