ロッテ 益田「温存」響き継投失敗 一夜で4位に…永野プロ9戦目初失点&初黒星

[ 2019年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ4-10オリックス ( 2019年8月30日    ZOZO )

8回、東條の後を受けた永野は勝ち越しまで許し降板(撮影・長久保  豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは4連投中だった守護神・益田の「温存」が響いた。1点リードの8回無死一塁だ。普段は8回を任せている東妻を1日限定で抑えに回した影響もあり、4番手左腕・永野がモヤ、小島の連打で同点。なお無死二、三塁から宗に決勝の中犠飛を許した。

 永野はプロ9試合目で初失点&初黒星。継投失敗で再び4位転落となった井口監督は「益田がいない中、つなぎたかったけど抑えきれなかった」と唇をかみしめていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース