楽天、辛島から5投手で完封リレー!日本ハム、5連敗で今季初の最下位転落

[ 2019年8月31日 21:17 ]

パ・リーグ   楽天1―0日本ハム ( 2019年8月31日    楽天生命パーク )

楽天先発・辛島(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天は、先発の辛島が5回2/3、92球を投げて、4安打無失点で今季8勝目をマーク。チームは2連勝となった。敗れた日本ハムは、6位のオリックスが勝利したため、今季初の最下位転落となった。

 辛島は5回まで三塁を踏ませぬ好投を見せた。6回1死から近藤の四球と渡辺の投安打で2死一、二塁のピンチを迎え、続く清宮に四球を許して2死満塁で降板。辛島に代わり2番手としてマウンドに上がった宋が横尾から空振り三振を奪って、満塁のピンチを切り抜けた。その後ハーマン、ブニセッツと無失点継投。9回は、松井がしっかり抑えて今季31セーブ目をマークした。

 打線は、5回無死一、二塁で浅村の遊ゴロの間に三塁走者が生還して先制に成功し、この1点を守り抜いた。

 日本ハムは、先発の有原は7回92球を投げて、8安打1失点と粘り強い投球を見せていたが、味方の援護に恵まれず今季7敗目。チームは8月で2度目の5連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース