U18侍 ひや汗逆転!格下スペインに苦戦も遠藤V撃「思いを背負って」

[ 2019年8月31日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   日本4-2スペイン ( 2019年8月30日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<WBSCU18W杯 日本・スペイン>8回2死一、二塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ遠藤(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 開幕し、高校日本代表が1次ラウンド初戦でスペインを4―2で破った。2点ビハインドの8回に遠藤成内野手(3年=東海大相模)の2点二塁打などで逆転に成功。佐々木朗希投手(3年=大船渡)、奥川恭伸投手(3年=星稜)の二本柱が万全でない中で、苦しみながら接戦を制した。きょう31日は、南アフリカと対戦する。

 崖っ縁で意地を見せた。2点を追う8回、2番手・エルナンデスから3番・韮沢、4番・石川の連続適時打で同点。なおも2死一、二塁で、遠藤が外角低めの直球を振り抜いた。

 「前の打者がつないでくれたので思いを背負って。いつもなら引っ掛けるコースを、センターに返すことだけ意識した」

 無我夢中で放った打球は、左中間をライナーで破る決勝の2点二塁打。苦しみながらも中軸が奮起し、初戦突破に導いた。

 WBSCランキングで日本は1位、スペインは26位。相手投手の情報は何もなかった。永田裕治監督が「初戦って本当に苦しい。苦しかった」とつぶやいたように、格下にまさかの展開が続いた。

 先発・池田が4回2死一、二塁で右翼へ飛球を打たれると、風で流された打球が右翼手の頭上を越えて2点三塁打。打線も先発ルナの動く球にてこずり、7回2安打と封じられた。

 佐々木は右手中指の血マメで、奥川は疲労蓄積で1次ラウンドの登板回避が濃厚だ。強敵の米国、台湾戦の前に1敗でもすれば、優勝は厳しくなる。指揮官は「もつれたら、全部使おうかなと思っていた」と初戦からベンチ入りする野手の全11人を起用する総力戦に出た。

 投手陣もスクランブル態勢。6回から登板した2番手・前は「嫌な雰囲気はあったけど、丁寧に投げられた」と3回1安打無失点で流れを持ってきた。浅田、西も救援待機。8回1死からは投手の宮城が代打で出場。「やっちまった」と遊撃への高いバウンドのゴロにも、全力疾走で内野安打をもぎとった。これが中軸の3連打につながった。1点差に迫る中前適時打を放った3番・韮沢も「とにかくつなぐ思いだった」とうなずいた。

 悲願の世界一へ、指揮官は「国際大会の難しさを確認できた」と息をついた。佐々木&奥川の復帰はスーパーラウンド以降が濃厚。それでも日本には「全員野球」という武器がある。(武田 勇美)

 ▽主な大会規定 今大会から球数制限を導入。1投手につき49球以下は連投可能。50~104球以内で中1日、最大105球(その打者まで投球可能)に達した場合は中4日、それぞれ登板間隔を空けなければならない。タイブレークは延長10回から適用。5回終了時で15点差、7回終了時で10点差でコールドゲームとなる(3位決定戦と決勝は採用しない)。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース