スペイン 終盤まで日本を苦しめた!指揮官「誇りに思う」

[ 2019年8月31日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 1次ラウンドB組   スペイン2-4日本 ( 2019年8月30日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<WBSCU18W杯 日本・スペイン>U18日本代表ナインと握手するスペインチーム(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 終盤まで日本を苦しめたスペインのホセ・リエラ監督は「最後までいいチームを相手にしっかり戦えた。誇りに思う」と胸を張った。

 4回2死一、二塁、5番・フェルナンデスの右越え2点三塁打で先制すると、先発・ルナも7回2安打無失点と好投。「お金や施設は少ないが、みんながハードワークしている。野球人口も少しずつ増えてきているし、目標は世界の舞台で勝つこと」と手応えを得た敗戦だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース