中日・柳 7回2失点も10勝目お預け 7度目の足踏み「チームが勝つことを祈ってます」

[ 2019年8月31日 16:41 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2019年8月31日    ナゴヤD )

<中・ヤ22>7回2失点と好投した柳(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・柳裕也投手(25)が31日、ヤクルト戦(ナゴヤD)に先発。7回2失点と力投したが勝利はつかず、プロ3年目で初の2桁10勝目とはならなかった。

 2回1死二塁。7番・中村、8番・奥村の連続適時二塁打で、先制となる2点を献上したが、それ以降は無失点と力投。打線は、6回に同点に追いついたものの決定打がでず、柳は7回117球を投げてマウンドを降りた。

 柳は7月7日のヤクルト戦で9勝目を挙げてから、2桁勝利を前にこれで7度目の足踏みとなったが「チームが勝つことを祈ってます」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース