U18侍・奥川 代打で今大会初出場も「冗談かと思った」 結果は投手強襲内野安打「当たってよかった」

[ 2019年8月31日 16:20 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ   日本19―0南アフリカ ( 2019年8月31日    韓国・機張 )

<WBSCU18W杯 日本・南アフリカ>6回無死、代打で起用され内野安打を放つ奥川(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 U18高校日本代表・奥川(3年=星稜)は31日、韓国・機張で行われた「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」南アフリカ戦の6回に代打で今大会初出場。投手強襲の内野安打を放ち、チームのコールド勝ちに貢献した。

 出番は突然に訪れた。13―0の6回、1死走者なしから8番・水上(明石商)の代打で出場。しかし、なかなかベンチから姿を現さず、出てくるまでに時間がかかった。この場面を奥川は「準備?していなかった。ベンチにいましたが、冗談かと思った。それで、もたつきました」と振り返った。

 今夏の甲子園決勝以来となる試合への出場。奥川は「試合に出れば楽しいし、また出たいというのはある。久しぶりに試合に出させてもらって、やはりゲームの雰囲気は実際に出てみないとわからない」と話した。

 急きょ出場でも強烈な打球を放ち、投手強襲の内野安打。バットでチームに貢献した。「木のバットは練習でも使ったことがない(4月の合宿では使用)当たるか分からなかったけど、当たってよかった」と笑顔で語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース