ロッテ・佐々木、5回1失点も援護なし…4四死球を反省「悔しい」

[ 2019年8月31日 19:25 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2019年8月31日    ZOZOマリン )

<ロ・オ>5回2死一、二塁、福田を投ゴロにおさえた佐々木は深く息をつく(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 ロッテの先発・佐々木が、8月15日の日本ハム戦(東京ドーム)以来の先発で5回2安打1失点と好投したが、打線の援護なく、今季3勝目はならなかった。

 「こういう展開なので何とか先に点を与えないようにと思ったけど、先制点を与えてしまったことが悔しい。四球が多くなってしまったのも反省です」

 被安打は2だったが、5回で4四死球を与えたことを次回への課題に挙げていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース