西武・栗山 石毛宏典に並んだ球団最多1806安打「いい投手は初球を打たないと」

[ 2019年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   西武4-2ソフトバンク ( 2019年8月30日    メットライフD )

2回無死、栗山は二塁打を放ち、石毛の球団最多安打に並ぶ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 西武・栗山が2回、先頭で右翼線二塁打を放ち、石毛宏典の球団最多の1806安打に並んだ。初球を叩いてのタイ記録に「千賀みたいないい投手は初球を打たないと手も足も出なくなる」とキッパリ。今季84本目の安打で、球団史に名前を刻んだことに喜んだ。

 球団新は31日の首位攻防第2ラウンドに持ち越しとなったが、「いいところで打ちたい」と意欲的だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース