U18侍 南アフリカに19点圧勝! 西は2発&8打点の大暴れ「自分でも驚いています」

[ 2019年8月31日 15:24 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ   日本19―0南アフリカ ( 2019年8月31日    韓国・機張 )

<U18南アフリカ・日本>4回2死一、三塁、左越え3ランを放った西(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」は31日、韓国・機張(キジャン)で1次ラウンド・B組の試合が行われ、日本は19―0で南アフリカに6回コールド勝ち。創志学園の西純也投手(3年)は「7番・DH」で出場し2本の本塁打を含む4打数3安打8打点の大活躍を見せて2連勝に貢献した。

 西の放った放物線は、そのまま左翼席へ飛び込んだ。まずは、5点リードの4回、2死一、三塁と好機の場面で「入らないと思って走っていた」と話しながらも左越え3ラン。流れを渡さない一発となった。

 さらには、17―0の6回は2死一塁から「2本目は狙った。自分が思ったような打球がいった」と渾身の当たりで2ラン。これで19点目となり、圧倒する一打とだった。

 本来なら投手の西。それでも、この日は2発、8打点とバットで躍動した。「韓国に来てから状態が上がっている。(何より)木製バットで打てたことは良かった。1日8打点は初めて。自分でも驚いています」と笑顔で振り返った。

 チームはコールド勝ちで2連勝。次は9月1日に1次ラウンド第3戦として、大会4連覇中の強豪・米国と激突する。西は「次のアメリカ戦に向けて、自分の出せる力をしっかり出して、一戦必勝でやっていけたら」と気を引き締め、前を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース