日本ハム・吉田輝 プロ最多107球で5失点 2被弾反省も収穫

[ 2019年8月31日 18:44 ]

イースタン・リーグ   ヤクルト7―6日本ハム ( 2019年8月31日    戸田 )

イースタン・ヤクルト戦でプロ最多の107球を投げた日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムの吉田輝星投手(18)がプロ最長の6回2/3、最多の107球を投げ5失点で降板した。

 プロ最速タイとなる149キロもマーク。通算1408安打の坂口智隆外野手(35)は3打数無安打に抑えたが、塩見泰隆外野手(26)に2本塁打4打点を許したことが課題となった。

 「ストレートで決めるところは決められたことは収穫でしたけど…。あの2発は以前の悪いフォームで甘い球を投げてしまった」と反省。「9月も(2軍で)自分の投球をして、もし(1軍で)投げられればクライマックス・シリーズで貢献したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月31日のニュース