MLB、ベネズエラのウィンターL参加禁止 米政府の方針従う

[ 2019年8月24日 02:30 ]

 米政府が経済制裁を科しているベネズエラで行われるウインターリーグに、大リーグ機構(MLB)が所属選手の参加を禁止したと22日、複数の米メディアが報じた。

 米政権は、反米左翼マドゥロ政権のベネズエラに対し、米国内の資産凍結や商取引を禁じる制裁を科している。MLBは米政府の方針に従うとの声明を出した。ベネズエラのウインターリーグは70年以上の歴史がある。毎年、数十人の同国出身大リーガーが参加するほか、多数のマイナー選手も出場する。両国の野球交流に大きな影響が出ると懸念する声もある。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月24日のニュース