西武・木村、粘ってバックスクリーンへV弾「泳がされたけど」

[ 2019年8月24日 05:30 ]

パ・リーグ   西武8―6楽天 ( 2019年8月23日    メットライフD )

4回無死一塁、勝ち越しの中越え2ランを放った木村(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・木村が4―4の4回無死一塁で決勝9号2ランを放った。フルカウントから3球ファウルで粘り、弓削の9球目に真ん中に入ったカットボールをバックスクリーンに運んだ。

 「泳がされたけど、センターを見て、行くのかなと思いながら走っていた。入ってくれて良かった」とうなずいた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月24日のニュース