日本ハム・吉田輝 1軍へ“出直しイースタン登板”はプロ最長6回を投げ4安打4失点

[ 2019年8月24日 15:17 ]

イースタン・リーグ   日本ハム―DeNA ( 2019年8月24日    鎌ケ谷 )

<イースタン 日・De >日本ハムの先発・吉田輝 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が先発。プロ最長の6回93球を投じ、4安打4失点でマウンドを降りた。

 3回は3者連続、4回も先頭の百瀬と4者連続三振と飛ばしたが5回、知野に中越え3ランを喫するなど4点を許した。それでもこの日最速144キロの直球とフォーク、ツーシーム、スライダーなどの変化球を駆使し4回まで1安打無失点に抑えた。

 プロ3度目の先発となった14日ロッテ戦は2回0/3を投げ3被弾6失点KO。この日は「出直し登板」的な意味合いがあった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月24日のニュース