阪神・岩崎“秒殺劇”3人、わずか6球斬りで14試合連続無失点

[ 2019年8月24日 22:00 ]

セ・リーグ   阪神7―4ヤクルト ( 2019年8月24日    神宮 )

<ヤ・神>7回途中から救援した阪神3番手・岩崎(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 虎の“無双左腕”がこの夜も快投だ。3点リードの7回に登板した岩崎が3人斬りで流れを引き寄せた。

 先頭・山崎を1球で三飛に打ち取ると、太田は3球で三ゴロ。最後は青木を左飛とわずか6球でいとも簡単に3つのアウトを奪う“秒殺劇”で14試合連続無失点。防御率も0点台と、勝利の方程式の一角を担う左腕は「明日も頑張ります。1日、1日やっていく」と表情を変えることなく、帰りのバスに乗り込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年8月24日のニュース