輝星、星稜・奥川を称賛「体が動かない状況で150キロ凄い」

[ 2019年8月24日 05:30 ]

報道陣の取材に答える日本ハム・吉田輝(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年のU18アジア選手権に出場した日本ハム・吉田輝が、U18高校日本代表にエールを送った。「世界大会はプロ野球みたいに1球ごとの時間があったり、やりづらいと思うので慣れてやってほしい」。

 金足農のエースで昨夏甲子園決勝では大阪桐蔭に2―13で大敗。今年の甲子園決勝に「去年の決勝より面白かった」と冗談めかしつつ「体が動かない状況で150キロを出して凄い」と奥川を称えた。登板予定だったイースタン・リーグのDeNA戦は雨天中止となり、24日の同戦にスライドする。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月24日のニュース