阪神 梅野の推定130メートル特大弾で逆転!起点は原口の右前打

[ 2019年6月12日 19:14 ]

交流戦   ソフトバンク―阪神 ( 2019年6月12日    ヤフオクD )

<ソ・神>4回1死一塁、梅野は左越えに逆転2ランを放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が4回に逆転に成功した。1死から5番・原口が右前打で出塁すると、続く梅野がソフトバンク先発・和田の3球目、真ん中高めストレートを完ぺきに捉えて左翼席中段に突き刺さる逆転2ランにしてみせた。今シーズン第6号。直前の守備で失策がきっかけで先制されていたが、すぐさま豪快な攻撃で取り返した。

 起点を作った原口は「5番・DH」で大腸がんから復帰後初めて先発出場。2打席目に「H」マークを灯し、逆転に貢献した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月12日のニュース