中日“与田采配”「競った試合をものにできたのは大きい」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

交流戦   中日2―1オリックス ( 2019年6月11日    京セラD )

8回表2死二塁、大島の右前適時打で二塁走者の亀沢が生還(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日は11日のオリックス戦で“与田采配”が的中し、連敗を2で止めた。

 1―1の8回2死一塁。大島の打席で1ストライクからの2球目、暴投により二進すると代走・亀沢を起用。直後に大島が右前打を放ち、その亀沢が本塁へ滑り込み勝ち越した。9回は新守護神のR・マルティネスが1回無失点に封じ、来日2年目で初セーブ。指揮官は、「競った試合をものにできたのは大きな勝ちだと思う」と胸を張った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース