桐蔭横浜大がサヨナラ 9回に2点差を逆転 東都の覇者・東洋大に挑戦へ

[ 2019年6月12日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権 第2日   桐蔭横浜大8―7中京学院大 ( 2019年6月11日    神宮 )

<桐蔭横浜大・中京学院大>9回1死二、三塁、サヨナラ犠飛を放ち、チームメートと抱き合いながら喜びを爆発させる桐蔭横浜大・道上(右から2人目)(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 桐蔭横浜大は2点を追う9回、押し出し四球とボークで追い付き、道上の中犠飛でサヨナラ勝ちした。「最低限フライは打ちたかった」。3年生まで控えも最上級生でレギュラーに。ごみ拾いや脱衣所の整理整頓など私生活を見直すと視野が広くなったという。

 12日は東洋大と対戦。「ここを倒さないと日本一になれない」と意気込む道上に斎藤博久監督も「何とか叩きたい」と東都の覇者に挑戦状を叩き付けた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース