ソフトバンク3位転落…4失点の和田「粘れず申し訳ない」 工藤監督は阪神・青柳を称賛

[ 2019年6月12日 21:40 ]

交流戦   ソフトバンク2―8阪神 ( 2019年6月12日    ヤフオクD )

<ソ・神>6回途中4失点で降板した和田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは引き分けを挟んで2連敗を喫し、3位に転落した。

 今季2度目の先発となった和田は5回1/3を7安打4失点で降板し「粘らなければいけないイニング、打者、カウントで粘ることができなかった。チームに申し訳ない」と悔やんだ。打線は4安打に封じられ、工藤監督は「(青柳は)良かったですね。パ・リーグにはいない(タイプ)。ビデオで見るのとやるのは違う」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース