巨人・亀井、自身8年ぶりの先頭打者弾!「昨日は完封されていたので…」

[ 2019年6月12日 18:21 ]

交流戦   巨人ー西武 ( 2019年6月12日    メットライフ )

初回無死、亀井が右中間に先頭打者ホームランを放つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人・亀井善行外野手(36)が12日の西武戦(メットライフ)で8年ぶり2本目の先頭打者弾を放った。

 1番・右翼で先発出場した初回。1ボールから十亀の外角143キロ直球を捉えた打球は巨人ファンで埋まる右中間席へ。先制の今季6号ソロは、11年6月11日のオリックス戦(京セラ)以来の先頭打者アーチ。「いい先制点になりました。昨日は完封されていたので、早い回で点がとれてよかった」と振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース