野球殿堂博物館が夏休み自由研究サポート 「審判学校」などイベント開催

[ 2019年6月12日 16:11 ]

 野球殿堂博物館(東京都文京区後楽)では、毎年夏の恒例企画「野球で自由研究!」を7月12日~8月31日に開催する。

 小学生の自由研究をサポートするもので、「ミニミニ実験コーナー」など様々なイベントを行う。

 「野球が100倍楽しくなる!野球の記録をつけてみよう」は7月23日、8月6日に実施。元セ・リーグ記録部長の石井重夫氏が講師を務める。参加はインターネットで申し込んだ上で抽選。

 また7月26日、8月5日には「夏休み審判学校」を行う。友寄正人審判長らが講師となり、審判のパフォーマンスやコールを実際に体験する。こちらもインターネットでの申し込みとなる。

 その他は「バット製作実演」や「夏休み親子グラブ製作教室」など。8月26日には、中京大スポーツ科学部の桜井伸二教授による「ボールはなぜ曲がる?」と題したイベントも開催される。

 主催は同博物館ホームページで。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース