ヤンキース・田中 第2子誕生後初登板で1カ月ぶりの4勝目 

[ 2019年6月12日 05:47 ]

インターリーグ   ヤンキース12―5メッツ ( 2019年6月11日    ニューヨーク )

メッツ戦に先発したヤンキース・田中(AP)
Photo By AP

 ヤンキースの田中将大投手は11日(日本時間12日)、ニューヨークでのメッツとのダブルヘッダー第1試合に先発、6回2/3を投げ、7安打5失点(自責4)無四球の7奪三振で、5月12日以来の白星となる今季4勝目を挙げた。

 1点リードの3回に遊撃手の失策から連打で同点にされると、1番マクニールに3点本塁打を浴び計4点を許したが、4回に味方が本塁打で5点を奪い逆転。6回に1点を失ったが、7回途中まで投げた。

 10日のメッツ戦に先発予定だったが雨天中止のため、スライドで先発。7日に第2子となる長女が誕生し「父親リスト」に入っていた田中は、今回は中6日で登板した。

 ▼田中の話 ここ数試合よりは全体的にいい球はいっていたと思う。1イニングにまとめて失点するケースが続いてしまっているので、ああいうトラブルは何とかしていかないといけない。(共同)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース