大谷 マエケンから今季7号 「なんとか序盤に1本出したいなという気持ちで」

[ 2019年6月12日 15:28 ]

インターリーグ   エンゼルス5―3ドジャース ( 2019年6月11日    アナハイム )

<エンゼルス・ドジャース>初回2死、ド軍先発の前田健太から右中間に7号ソロを放ったエ軍の大谷翔平(AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が11日(日本時間12日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。ド軍先発・前田健太投手(31)から今季7号ソロを放つなど今季10度目のマルチ安打をマークし、4打数2安打1打点1盗塁2三振で打率は.256となった。

 試合後、大谷はテレビのインタビューに応じ、ド軍・前田との対戦について「去年は打ち取られてるので、なんとか序盤に1本出したいなという気持ちでいきました」とコメント。

 また、「日に日に体調面は良くなっていると思う。ゲームに出続けることで身体も動いてきますし、打席の感覚も良くなってる」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース