ロッテ レアード17試合ぶり18号!すしパフォーマンス「ちょっと忘れていたよ」

[ 2019年6月12日 19:54 ]

交流戦   ロッテ―DeNA ( 2019年6月12日    ZOZOマリン )

<ロ・D>4回1死、右越えソロを放つレアード(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ロッテ・レアードが17試合ぶりに「すし」を握った。1―1の4回1死、DeNA・大貫の直球を右中間のホームランラグーン席へ勝ち越しの18号ソロを放った。

 「打ったボールはよく分からない。しばらくホームランを打ってなかったので、パフォーマンスをどうやっていたかちょっと忘れていたよ。ほんと久しぶりに1本打てたね」

 5月22日のオリックス戦(京セラドーム)で17号を放って以来3週間本塁打からは遠ざかっていたが、通算149本塁打とし、区切りの150本塁打へ王手とした。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース