大体大 延長タイブレークでサヨナラ勝ち OB上原氏らの激励をパワーに

[ 2019年6月12日 05:30 ]

第68回全日本大学野球選手権 第2日   大体大3―2高知工科大 ( 2019年6月11日    神宮 )

<大体大・高知工科大>延長10回2死満塁、サヨナラ打の大西は喜びを爆発させる(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 大体大はわずか3安打ながら3得点でタイブレークを制した。中野監督は「うちらしい。ヒットは少ないが点に絡んだ」と目尻を下げた。

 5月に現役引退した元巨人・上原浩治氏、日本ハム・村田らプロで活躍するOB4選手の連名でTシャツが野球部に送られてきた。8回4安打2失点と好投した先発左腕・中村は「部屋で着ています。汚したくないので」。5月中旬に軽い肺炎を発症し、1週間の安静を余儀なくされたが「自分のできることをしっかりやろうと思った」と笑顔だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月12日のニュース