ソフトB ドローで2位後退も指揮官「負けなかったことはプラス」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク2―2阪神 ( 2019年6月11日    ヤフオクD )

<ソ・神>延長12回2死三塁、一打サヨナラの好機に明石が左飛に倒れ、肩を落とすソフトバンクナイン(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが勝ち切るにはあと一本が足りなかった。1―2の9回2死二塁で4戦ぶりに先発復帰した今宮が「詰まったが、いいところに落ちてくれた」と左前適時打を放ち、同点に追いついた。

 その後はチャンスを生かせない。延長12回は相手のミスが絡んだ無死三塁で真砂が三振、松田宣は遊ゴロ、明石は左飛に倒れた。2位転落となったが、救援した6投手が踏ん張り、引き分けに持ち込んだ工藤監督は「いいプレーもあったし負けなかったということはプラスに考えている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月12日のニュース