西武 ブルペンデーで痛快完封 佐野今季初先発4回無失点

[ 2019年6月12日 05:30 ]

交流戦   西武4ー0巨人 ( 2019年6月11日    メットライフD )

<西・巨>4回無失点に抑えた西武先発の佐野(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 西武が「ブルペンデー」で痛快な完封リレーだ。今井が発熱などの体調不良で先発を回避したが、今季初先発の佐野が4回1安打無失点。「ちょっと出来過ぎ。正直、余裕はなかった」。休日だった前日の午前10時ごろ、2歳の長女と買い物に出かけている時に小野投手コーチから電話で先発を告げられた。「中継ぎとやることは変わらない。ロングリリーフの気持ちで臨んだ」。今井にも電話をして奮闘を誓った。マーティン―平井―増田とつないで無失点。敗れれば勝率5割に逆戻りするピンチを脱し、辻監督も「まさか完封できるとは」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース