巨人 開幕戦以来の零敗、今季最少3安打に指揮官「切り替える」

[ 2019年6月12日 05:30 ]

交流戦   巨人0―4西武 ( 2019年6月11日    メットライフD )

<西・巨>6回2死二塁、坂本勇は空振り三振に倒れる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は、西武の「ブルペンデー」に開幕戦以来の零敗を喫した。4投手の継投策に対し今季ワーストの3安打。原監督は「ちょっとつながり含め、安打数もというところでしたね」と振り返った。

 通算2試合目の対戦となった中継ぎが本職の左腕・佐野に4回1安打、初対戦となった2番手の右腕・マーティンに3回1安打と沈黙した。2四球を選んだものの無安打に終わった坂本勇は、普段に比べ対戦投手が多くなるブルペンデーについて「難しいですね」。両リーグトップの打率・264を誇る強力打線は影を潜めた。

 データの少ないパ・リーグの中継ぎ投手による継投。原監督は「そんなこと言っても仕方ないですね。明日、切り替えていきます」と次戦を見据えた。(青森 正宣)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース