母校進撃に続いた!中日・大野雄7回2失点で4勝目「悪いなりにしっかり粘れた」

[ 2019年6月12日 21:35 ]

交流戦   中日6―2オリックス ( 2019年6月12日    京セラD )

<オ・中>先発し、力投する中日・大野雄(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 中日の先発・大野雄が7回4安打2失点の好投で4勝目を手にした。

 3回に3安打を集中され2点を失ったが、4回以降は修正。6回無死一、二塁のピンチもロメロを三ゴロ併殺、中川を二ゴロに打ち取り、無失点で切り抜け「今日はコントロールにばらつきがありましたけど、悪いなりにしっかり粘って投げることができました」と振り返った。

 この日、母校の佛教大が全日本大学野球選手権で愛知工大を破り、過去最高タイとなる8強に進出。後輩たちの活躍に負けない熱投で、登板5試合ぶりの白星を手にした。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年6月12日のニュース