楽天・熊原、凱旋白星ならず…楽天初陣は4回途中2失点「余計な四球出した」

[ 2019年6月12日 20:36 ]

交流戦   楽天ーヤクルト ( 2019年6月12日    楽天生命パーク )

地元・宮城での凱旋登板となった楽天先発・熊原(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 前DeNA・熊原の楽天デビューは3回1/3を4安打2失点だった。

 初回は2四球が絡んで2死満塁を招いたが、中山を捕邪飛。2、3回は連続三者凡退とペースを掴んだが、4回は村上に2ランを浴びるなど1点差とされ、1死二、三塁のピンチを招いたところで降板した。

 3四球も響いて凱旋登板を飾れなかった宮城県出身の熊原は「3回までは低めに集めることが出来たが、ホームランの後で余計な四球を出した」と反省した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年6月12日のニュース