巨人 育成の加藤が2日続けて結果 2軍戦で本塁打含む3打数3安打1四球

[ 2019年6月5日 18:15 ]

 2日続けて結果を残した。巨人の育成・加藤脩平外野手(20)が5日、イースタン・リーグ、日本ハム戦(ジャイアンツ球場)で3打数3安打1四球の活躍を見せた。

 際立っていたのは1ー3で迎えた9回1死一塁の場面。同点の右越え2ランを放ち、直後のサヨナラ勝ちへとつなげた。「完璧だった。いい角度で上がってくれた」と笑顔を浮かべた。

 前日には「輝星打ち」も遂げた。日本ハムのドラフト1位・吉田輝の直球を捉え、右中間へ先制の二塁打。自身が安打を放ったシーンがニュースで報じられ「YouTubeで見ました」と笑った。

 育成3年目。育成選手は3年目のシーズンが終わると自動的に自由契約選手となる。新規支配下登録の締め切りは7月31日のため、残りおよそ2カ月が勝負の時期となる。この日は試合後も素振りをした後、居残りの外野ノックで汗を流した。「これからも打てるように頑張ります」。表情に決意が見えた。

 支配下登録されてからの夢は、丸との共演だ。一時期はバッティングフォームも真似たほど憧れていた。「広島にいた時からとにかく凄いなと思っていた。ジャイアンツに来るってなって、うわあって。センターとライトで一緒にやりたい」。出塁率、長打力、守備力。丸のようにすべてを兼ね備えた選手を目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース