阪神メッセ粘って3勝 原口復帰に「スバラシイ、ダシャダネ!」

[ 2019年6月5日 05:30 ]

交流戦   阪神11―3ロッテ ( 2019年6月4日    ZOZOマリン )

粘投を見せたメッセンジャー (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 粘った。これぞエースの働きだった。阪神・メッセンジャーが6回5安打3失点。5月4日DeNA戦以来、実に1カ月ぶりの3勝目を手にした。

 「粘って…何とか粘れました。最初に3点を取ってもらって、追いつかれたのは悔しかったけどね。(あの回は)緩い球を狙われて打たれてしまった」

 6回途中6失点で5敗目を喫した前回5月25日DeNA戦から、中9日の登板間隔をあけて臨んだマウンド。2回までに3点の援護を受けたが、その直後にリズムを崩した。先頭・井上への四球を皮切りに3四球と2安打で3点を失い同点に追いつかれた。

 ただ、この日は、そこから踏ん張った。同点の4回に無死二塁のピンチを背負ったが、相手打線の拙攻にも助けられ要所を締めた。この日は原口の1軍復帰初戦。だからこそ、意地でも勝ちたかった。それが、エースの務めだからだ。

 「(原口の復帰は)最高です、最高です。どれだけ彼が努力したかは分かっている。自分も元気をもらっている。あんな場面で、あんなヒットを打つなんて…。スバラシイ、ダシャダネ!」

 我慢強く114球を投げきり、3勝目を手にした。そして原口の復帰戦を白星で飾る、原動力になってみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース