広島・田中広、3安打5打点 V適時打&ダメ押し満弾「少しずつ良くなってきている」

[ 2019年6月5日 21:34 ]

交流戦   広島9-1西武 ( 2019年6月5日    メットライフD )

7回1死満塁、田中広が勝ち越し右前適時打を放ち塁上でガッツポーズ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島・田中広が3安打5打点の活躍。7回に決勝の右前適時打、8回に右翼席へ3号満塁弾を放った。

 こう着状態が続いていた中での決勝打に「みんながつないでくれたので、何とかという気持ちだった」と安どの表情。6回122球1失点の粘投を見せた大瀬良に6勝目が付き「なんとか勝ちを付けてあげたかったのでよかった」と喜んだ。

 8回には試合を決めるグランドスラム。開幕から状態が上がらない日々が続いたが「少しずつ良くなってきている」と完全復活は近い様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース