DeNA・山崎「“格好良い”その一言」高校の先輩で大腸がんから復帰の原口への思い語る

[ 2019年6月5日 17:56 ]

山崎康
Photo By スポニチ

 DeNA・山崎康晃投手が5日、4日に大腸がんから1軍復帰した阪神・原口文仁捕手への思いを明かした。

 帝京の1学年先輩にあたる原口は「高校時代からいろいろな刺激をうけていた」という存在。1月に大腸がんを告白する約1週間前に食事をともにしたそうで「元気そうだったのでまさか」と驚きを隠せなかったという。

 大病を克服して、復帰戦でいきなり適時打を放った姿はニュースで見たといい「高校同級生のグループラインが活発でした。“格好良い”という話題で持ちきり。その一言に尽きる」。交流戦が終われば、再び対戦の機会も訪れるだけに「しっかり逃げずに勝負して、本葉の野球の楽しさをもう一度感じたい」と心待ちにしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース