ヤクルト石川、今季最長8回を3安打零封「いつも中継ぎに負担をかけているので」

[ 2019年6月5日 21:05 ]

交流戦   ヤクルト5―0日本ハム ( 2019年6月5日    札幌D )

ヤクルトの先発・石川(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・石川が今季最長の8回を投げ、3安打無失点の快投で2勝目。「必死に投げました。いつも中継ぎに負担をかけているので」と振り返った。

 「先頭を抑えることと、低めに丁寧に投げることを意識した」と語った石川。7連勝中と好調の日本ハム打線を8回までわずか3安打に抑え、「ミーティング通り、中村のリード通りに投げられた。低めに投げてゴロアウトが取れた」と納得の表情を浮かべた。

 9回は梅野にマウンドに譲り、自身4年ぶりとなる完封はならず。39歳のベテランは「行けと言われるところまで投げるのが僕らの仕事」と淡々と話し、「チームが勝って本当に良かった」と勝利を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース