交流戦1号はソフトB釜元!先頭弾&自身初マルチ弾

[ 2019年6月5日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク6―4中日 ( 2019年6月4日    ヤフオクD )

<ソ・中>先頭打者本塁打を放つ釜元(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 令和の交流戦1号は伏兵だった。ソフトバンク・釜元が球団史上初となる交流戦開幕戦での先頭打者アーチ。2球で追い込まれたが、3球目フォークをすくい上げた。「(中村)晃さんと松田(宣)さんから“2球で追い込まれたからトイレに行ってたよ。帰ってきたらホームランだった”と言われました」と、先制の右越え3号ソロを喜んだ。

 5回にはスライダーを再び右翼席へ。自身初のマルチ本塁打となった。7回にはセーフティーバントを決め、追加点を呼び込んだ。1月の自主トレに同行し、兄貴分と慕う中村晃が自律神経失調症から戦列に復帰し、ともに外野を守る。中村晃は「今年は自主トレの姿勢も変わっていた。僕も負けないように」と目を細めた。チームは連敗を3で止め、交流戦は4年連続の白星スタートとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース