ヤクルト村上、初のバックスクリーン弾も空砲「切り替えて頑張る」

[ 2019年6月5日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト6―7日本ハム ( 2019年6月4日    札幌D )

<日・ヤ>2回1死、先制本塁打を放つ村上(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは村上のプロ初のバックスクリーン弾も空砲に終わった。2回1死、上沢の初球144キロの低め直球をフルスイングした。推定130メートルの15号ソロ。

 「先制点が欲しいところで打てたのは良かった。(中堅方向は)意識していない。来た球にしっかりコンタクトして、いい本塁打が打てた」と振り返った。42打点としてリーグ単独トップに立ったが、チームはその後同点に追いつかれ、延長10回にサヨナラ負け。「明日切り替えて頑張るだけ」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース