日本ハム大田、盗塁王・山田哲を刺した!レーザービームで犠牲フライ阻止

[ 2019年6月5日 19:01 ]

交流戦   日本ハム―ヤクルト ( 2019年6月5日    札幌D )

4回1死一、三塁、坂口の右飛を捕球後、三走の山田を本塁で捕殺した大田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハム・大田が矢のような送球で捕殺を記録した。

 0―1とヤクルトにリードを許した4回、1死一、三塁から坂口が右中間へ高々とフライを打ち上げた。犠飛に十分な距離かつ、三塁走者は過去3度盗塁王に輝いた山田哲。誰もがヤクルトの追加点を確信したが、右翼・大田が本塁へ矢のようなレーザービーム。俊足の山田哲を本塁でアウトにした。

 驚異的な肩で追加点を阻止。前日はサヨナラ犠飛を放ったが、この日は守備で魅せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース