猛虎打線が反撃 糸原&糸井がタイムリーで1点差に

[ 2019年6月5日 20:06 ]

交流戦   阪神―ロッテ ( 2019年6月5日    ZOZOマリン )

<ロ・神> 4回2死一、二塁、糸原は左前適時打を放つ(投手・岩下)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 猛虎打線が反撃を開始した。

 3点を追う4回、先頭の高山が右前打で出塁。荒木、木浪が凡退して2死二塁から近本がこの日2つめの四球を選ぶと、2死一、二塁でキャプテン糸原が初球の直球を左前に運んで1点を返した。

 なおも一、三塁の好機は続き、糸井も初球のフォークを右前にはじき返して1点差まで迫った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース