楽天・小郷、痛恨判断ミス 平石監督「今後に生かして」

[ 2019年6月5日 05:30 ]

交流戦   楽天2―3巨人 ( 2019年6月4日    楽天生命パーク )

9回無死一、二塁、小林の送球を受けた坂本勇(中央)にタッチされ、けん制死する二走・小郷(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨の判断ミスが出た。1点を追う9回無死一、二塁。打席の辰己はバントの構えから、バットを引いて2球目のボール球を見逃したが、代走の小郷が飛び出していた。捕手からの送球に戻れずタッチアウト。絶好機で得点圏の走者が消え、後続も倒れた。

 チームの連勝は3で止まり、交流戦は黒星スタート。小郷は「最悪のプレー」とうなだれ、平石監督も「気持ちが空回りしたんだろうけど、この経験を今後に生かしてほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース