巨人 阿部「4番・DH」で今季初先発、第4打席で右前打 同点の起点に

[ 2019年6月5日 21:16 ]

交流戦   巨人―楽天 ( 2019年6月5日    楽天生命パーク )

<楽・巨>8回1死、右前打を放つ阿部(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・阿部が「4番・DH」で今季初先発出場し、4打数1安打だった。

 初回2死一塁で迎えた第1打席は一ゴロ、第2打席は3回2死一、三塁から空振り三振、第3打席は6回無死無走者から中飛、第4打席は1死無走者から右前打し、代走若林を出されて交代となった。この後、若林が同点のホームを踏んだ。

 阿部が4番に入るのは昨年5月26日の阪神戦以来375日ぶり。1日の中日戦で史上19人目となる通算400号本塁打を達成し、前日の楽天との交流戦今季初戦では代打で投直だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース