日本ハム・吉田輝、精彩欠いた登板から一夜明け“修正”「力み方間違えていた」

[ 2019年6月5日 14:02 ]

千葉・鎌ケ谷で練習を行う日本ハム・吉田輝
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が5日、千葉・鎌ケ谷で練習を行った。

 前日4日のイースタン・リーグ巨人戦では被安打、失点ともに自己ワーストの3回6安打6失点と精彩を欠いた。試合後には動画でフォームなどを確認して反省を行ったそうで、「力み方を間違えていた。力を入れるときに、上半身だけに力が入っていた」と、この日は下半身主動のフォームを意識しながらキャッチボールなどに取り組んだ。

 一方で、自己ワーストこそ記録したものの同リーグの過去8試合では0勝2敗ながら防御率2・35と成績を残していた。「昨日の試合だけ(感覚が)違う気がしたので、今までどおりのイメージでそのまま投げられれば。良い意味で勉強になったので、次に生かしていければ」とプラスに捉えて、今後に結びつけていく考えだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年6月5日のニュース