【隠しマイク】日本ハム宮西“弟子”を語る「なぜか俺には…」

[ 2019年4月30日 09:00 ]

日本ハム・宮西(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ◎日本語が上手な西武・メヒア。山崎打撃投手に「ナマエハ?」。「敏(さとし)だよ」の答えに「アレ?岡田ハ?」「雅利(まさとし)」。う~んと頭をひねり「チカイネ…」。日本語は難しいですね。

 ◎日本ハムOBの森本稀哲氏とカルロス・ミラバル氏が札幌ドームで久々に再会。森本氏が「(00年から)6年も日本にいたのに全く日本語を覚えなかったよね?何で勉強しなかったの?」と振ると「逆に言わせてもらう。何で英語を勉強しなかったんだ?」。平行線です。

 ◎この日1軍に初昇格したDeNA・石川。報道陣の質問に答えている途中、横を通ったロペスに「ちょっと通訳して」。日本語同士なので大丈夫です。

 ◎投手陣のリーダー的な存在である日本ハム・宮西は「シショウ(師匠)」と呼ばれるなど慕われているロドリゲスについて「何かキッカケがあったわけじゃないのに、なぜか俺には従順なんよね」。こわもてのオーラに国境はないようで…。

 ◎試合前の練習で岡田を見つけた西武・辻監督は「おお!昨日のヒーローだ」。代打で四球を選んで逆転劇につなげた控え捕手。この日はスタメンでした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース