広島・九里6四球で自滅 佐々岡コーチ「次回?分からない」

[ 2019年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―7ヤクルト ( 2019年4月29日    神宮 )

5回1死一、二塁の場面で九里は降板(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 制球難から自滅した。12連戦中のローテの谷間を任された広島・九里が29日のヤクルト戦(神宮)で6四球を与え、4回1/3で4失点KO。14日のDeNA戦以来となる先発で結果を残せず、試合後は反省の言葉を並べた。

 「四球がやっぱり多かった。ゲームの中で勝負していかないといけなかった」。1―0の2回は2死走者なしから村上に四球。すると、続く中村に逆転2ランを浴びてしまった。3―3の5回も先頭の青木から2連続四球。後を継いだ2番手・レグナルトが代打・荒木に決勝タイムリーを許した。

 「次回?分からない。考えないといけない」。佐々岡投手コーチが処遇を即決するに至らなかったのは、それほど先発陣が手薄な状況にあることを物語る。2連敗となり、平成を借金生活のまま終えることが決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース