楽天5連敗で平成に幕 打線は令和に希望 5戦連続2桁安打

[ 2019年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―4ロッテ ( 2019年4月29日    楽天生命パーク )

田村に3ランを浴びた近藤 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 プロ初勝利を狙った楽天・近藤が4回0/3を4失点で2敗目を喫した。打線が2点を奪った直後の5回に荻野、角中に連打を許したところで降板し「内容が良くなかった。失投を捉えられてしまった」と悔しがった。

 チームは5連敗。特にこの3連戦は、離脱中の岸と則本昂の穴を埋めてきた先発陣が序盤に失点する展開が続いた。「開幕から先発陣がよく粘ってくれていたのがうれしい誤算だった。序盤にやられると苦しい展開になる」と平石監督。それでも打線は5試合連続で2桁安打を記録し、貯金2の2位で「平成」を終え「全てをマイナスに捉える必要はない」とした。岸は戦列復帰間近。令和のスタートとともに勢いを取り戻す。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース