マエケン 4勝目の権利 6回途中無失点

[ 2019年4月30日 12:40 ]

ナ・リーグ   ドジャース―ジャイアンツ ( 2019年4月29日    サンフランシスコ )

ジャイアンツ戦で先発したドジャースの前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田健太投手(31)が29日(日本時間30日)、敵地サンフランシスコでのジャイアンツ戦で今季6度目の先発登板。5回0/3を投げ、7安打無失点で勝利投手の権利を持って降板した。

 初回、2つの安打で1死一、二塁とされるが、4番ポージーと5番サンドバルをともに4シームで外野フライに打ち取り無失点。2、3、4回も毎回走者を出したが、好守に助けられながら得点を与えなかった。続く5回は安打と四球で2死一、二塁、3番ベルトをカウント3-2から低めの変化球で空振り三振を奪った。

 両先発の投げ合いで、スコアボードに0が並ぶ中、打線は6回、4番ベリンジャーの適時打と5番マンシーの適時二塁打で2点を先制。援護を受けた前田は、その裏、先頭のポージーに二塁打を許し、サンドバルを迎えた場面で降板した。

 この日、前田は5回0/3、73球を投げ7安打無失点2四球3奪三振だった。

 今季はここまで5試合に登板し3勝2敗、防御率5.20。前回は23日(同24日)のカブス戦で今回同様に中6日での登板。4回74球を投げ、7安打3四球1被本塁打5奪三振、今季ワーストの6失点で降板していた。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース