巨人・原監督、攻めの采配も逆転負け 5回に3連続代打 阿部を一塁守備に

[ 2019年4月30日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人3―5DeNA ( 2019年4月29日    東京D )

5回無死満塁、代打に登場した阿部は空振り三振(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 巨人は「攻めの采配」でつくったリードを守れなかった。3―2の8回。4番手の宮国が先頭への四球から同点にされ、石川に決勝2ランを被弾。グラウンドに膝をついた右腕は「チームも連勝して勢いがあっただけに申し訳ない」と猛省した。原監督は「戦う前は(気持ちで)勝ってないと。逆のことを考えているようでは、勝負師ではない」と苦言。同様に四球を与えた2番手の野上、3番手の戸根にも反省を促した。

 指揮官は攻めを貫いた。0―1の5回。無死満塁の好機に3者連続で代打。阿部は空振り三振も、大城の押し出し死球、石川の遊ゴロ併殺崩れで逆転した。さらに「あそこで守りに入るのはマイナスだと思った」と捕手以外の起用はないとしていた阿部を一塁で残し追撃を狙った。しかし、前日に12人から13人に投手を増やし、厚くしたはずのリリーフ陣が誤算だった。

 「僕はいつでも勝負しているつもり」と指揮官。平成最後の試合も、令和でもその姿勢を貫く。 (青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月30日のニュース